株式投資の特徴とは

いわゆる投資というのは、何らかの信頼できる対象に対して行うものであって、何もボランティアで行うのではなく、その投資を行ったことによって見返りを期待するものである、と言えます。見返りというのはやはりお金のことであって、誰もがその見返りに対して、自分が行った『投資』プラス以上のものを求めています。それで初めて、投資という方法が成り立つのです。

例えば、私達は特定の企業の「株式」を購入することによって、その会社に対して投資を行うことができます。株式における利益を上げる方法には、『キャピタルゲイン』と『インカムゲイン』という方法がありますが、いわゆる『株主』となって、配当を得ること、そして購入した株を、自分が購入した時よりも高くなった時に売却して利潤を得ること、この二つが基本的な投資における利益を得る方法です。これがうまく行えれば、自分が保有している資産を、劇的に増やすことも可能です。ただし、その逆もまた可能性があり、自分が保有している資産の底をつかせてしまうというリスクもあります。

株式取引においては自分が購入した株式の価値が下がってしまったら、紙切れ同然になることもあります。そこで、大きな損失となる場合があるのです。